自分事と他人事。うちの婆ちゃんの話

他人事(ひとごと)の逆を、自分事(じぶんごと)とは言いませんが、
タイトル長くなっちゃうので。

農家の大家族だった私の実家。(今は農業をしていません)

裏の家に、小太りで伏し目がち、結婚したいなとは間違っても思わない風貌の男性が住んでいます。

年は、だいたい70歳前後。
孫はいなくても、年齢・外見的には立派なおじいちゃんです。

私が、まだ学生のころから、祖母に

○○くん(裏ん家の男性。以下裏ちゃんとします)は、昔好い人(いいひと 今でいう彼女?)がいて、親に連れてきたのになんだかんだ反対されて縁談が流れちゃった。
それからは、連れてきたって聞かない。
なんで反対なんかしたんだろう、子どもが選んだ人なのに…

って、何度も聞かされていました。

裏ちゃんは園芸が趣味で、うちの祖母とは花を譲り合ううちに仲良くなったそうです。

時は経ち、

私の従兄弟が、好い人がいると祖母に話しにきました。

スポンサーリンク
ひさびさのフェイスパック、気持ち良かった。

とっても素直でいい子だよ。
でも、ちょっと体が弱い。
一人娘で両親は離婚している。
母親が双極性障害(躁うつ病) と診断されてて、心配で親を一人にできないから、2つ隣の県に永住することになりそう(今は仕事で出向中)。

祖母。
可愛がっていた孫から聞かされ、
なんだかんだ猛反対。。

それはそれは、猛反対。。

従兄弟のその騒動があってから、2年ほど経過したでしょうか。

彼女とは、それから間もなく別れ、未だに独身。

裏ちゃんのことは、

せっかく紹介しに連れてきた彼女を親に反対され、
何年も何年も悔しそうに哀れそうに、私たち周囲にも話していたのに、

いざ、自分が関係するとなったら、同じ状況なのに一転。

自分の孫はかわいいと思って??
次なんてすぐくる
他のもっといいのがいると思っても??

所詮、それは

身内の欲目。。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング

コメントをお願いします