責任者を呼べと言ったら男が出てくるという刷り込みという記事をみて思うこと

20年前 まだ私が学生だったころ、在宅で家庭を持ちながら仕事ができると、「SOHO」という言葉が流行りました。

今は、「ノマド」と言われるらしいです。

たまには、ビジネス本でも読んでみようかな、そういえばSOHOって最近聞かないなと思いつつ「SOHO」と検索したら、ヒットしませんでした。

時代の進化についていけない。。(;’∀’)

今後フランスみたいに??女性が結婚して出産しても働くことが当たり前になってワーママという言葉もそのうち無くなると言われて久しいですが、まだまだ無くならないし仕事を持っていても育児のこととなると男性に比べて女性の比重が断然大きいです。

ニュースアプリで取り上げられていた、”責任者を呼べと言ったら男が出てくるという刷り込み”という記事を読みました。

「あなたじゃ話にならないから責任者を呼んで」と言ったら当然上司(おじさん)が出てくるだろうというのは、まぁ想像に難くない。

例に漏れず私もそう想像する一人。

化粧品店、下着売り場、洋服店とか限られた業種でない限り、普通はおっさんがモサモサ出てくるもんだと思うでしょう。

年功序列制度が崩れてきているとはいえ若い男性が出てきてもビックリするけど、女性ならもっとビックリする。

ましてや若い女性だったら尚更。
あなたじゃなくてもっと上の人!!ってなりそう。

鬼滅の刃の柱勢に限らず現実社会でも、男女問わず若くして有能な人は沢山いるけど、実力・実績と周囲の評価が一致したとしても、会社の制度(昇格試験の点数加算的な)が追い付かないこともあるでしょう。

刷り込みといえばそれ以外でも、

ブランド品や高級車のオーナー登録やメンバーズ登録が英語だったり、登録特典やDM同封物がネクタイピンだったり、スーツ用の除菌スプレーだったり。

英語が話せて読めて、スーツの機会が多い人が大多数なんだろうけど、別に英語が話せない、読めない、スーツなんて持ってなくたってブランド品や高級車を愛している人はいるだろうけどね、、??

ご当地ビールは、店頭でうっかり手が伸びちゃうなぁ^^

Follow me!

コメントをお願いします