病児保育、頼むのも頼まれるのも敷居が高い。家事代行業者の方が病児保育するのは難しいのかな?

都会には、前日の20時までの予約で自宅で病児保育がしてもらえる
企業?施設?があるらしいですね。

都会は、物価が高くて優秀な人が集まって子育て大変そうですが、
さまざまなサービスが受けられて、子育て環境は充実してますよね。

入会金や年会費、月額利用料とかそれなりに高いと思うので、
余裕のある家庭に限定されてしまうかもしれませんが、

お金はかかっても、逆にお金さえかければ、急な子どもの体調不良も対応してもらえるのは、いざという時ありがたいですよね。

共働きだと、どうしてもどちらも仕事が休めない繁忙期だったり、
年に数回の出張やプレゼンやらに、子どもの体調不良がぶつかるものです…

朝起きて、急に発熱ってこともありますが、
前日から鼻水や咳が出ている場合は、20時まででよければ前もって頼んでおけます。

認可外の保育施設や直接契約のベビーシッターで、病児保育を扱っているところは地方にもある。

高額な利用料は目を瞑れても、

保育資格の無い人や、育児経験の無い人、男性(異性)に、
留守の家を子どもとともに任せるのは抵抗があります。

糖質制限なんてしたら死んじゃう。。

家事代行として依頼して、急な子どもの体調不良に病児保育に切り替えしてもらえたら、共働きももっとずっと働きやすくやると思いませんか??

病児保育って、特別な資格や特殊で複雑な登録手続きや申請をしないとできないんでしょうか??

市のファミリーサポートは、育児経験者だったら登録できたような??

もっと、病児・病後児保育の敷居を低くしてもらえたら、
共働きを諦めたり、辞めたりする人はだいぶ減ると思うけど。

Follow me!

コメントをお願いします