つい来客の手元を見ちゃう。書類だったらいいけど手土産だったら卑しいよね?

暑くなってきて、暑いところ(キッチン)で長く暑い思いをしたくない。
修行僧じゃあるまいし。

さっと、簡単 麻婆豆腐。
夏の出番多し。

材料、”豆腐”ってところが男らしくて潔くてタイプ
(⋈◍>◡<◍)。✧♡

つい来客の手元を見ちゃう。書類だったらいいけど手土産だったら卑しいよね?

注意してても、ついつい来客の手元を見てしまいます。

書類や集金袋等なら問題無いけど、手土産やお中元・お歳暮なんかだと

”こいつ、他人の手元ばっか見てきてすげぇ卑しい奴だな”

って思われるよね??

私が書類提出に行く機会のある大手企業の事務員さんは、たぶん私と同年代(アラフォー)だと思うけど、すごく姿勢が良く仕事のできそうな人。

口調が柔らかくてガツガツしてないし、敏腕ビジネスマン・キャリアウーマン特有の(自信からくるものなのか?)威圧感がない。

にこやかだったりフレンドリーだったりもせず、会話も別段する機会はない。

だったらどこで

”この人仕事ができそう”

って判断しているのか我ながら不思議だったけど、

恐らく私が来社して事務所へ通してもらい、その女性に挨拶する時、

私の目を見ている。

私が発した会話を聞いた後で、手元の書類に目を向け、必要であれば書類を預かったり、押印したり、上司に渡したり、上司に伝えて呼んでくれたりする。

普通のようだけど、スマートにできる人は意外と少ない。

宅配便の業者さんて分かってる場合はともかく、ビジネスマン通しの来客なら、重い物や大きい物を持って手伝いが必要なことは少なく、

まずは相手の目だよね。

一緒に働いたことは無くても、そういう小さな所作の積み重ねで”こいつデキル”とかそうじゃないとか判断されることは多いだろう。

ウン十年も昔にビジネスマナー検定や接遇マナー研修なるものを受験したり受講したり合格した気がするけど、時代も変わったしまた改めて勉強し直したいなぁ。

名刺の受け渡しから、タクシーやエレベーターの上座とか、電話応対、自社の従業員とお客様が初対面の場合、どちらから紹介するとかあった気がする。

見事に忘れた。。

手土産一つとっても、訪問時に玄関で渡す人や、応接室に通されてから事務員さんへとか、応接室でお目当ての人へ渡すとか企業や人によってマチマチだけど、マナーもきっと時代や地域によって正解が変わったり、厳しくなったり緩くなったりはするだろうけど。

Follow me!

コメントをお願いします